長野県の太陽光発電(産業・事業用)専門のグッドライフ

設備の保守管理

保守管理の専門チームが、お客様の設備を管理します

保守管理の必要性

メンテナンスフリーと思われがちな太陽光発電施設ですが、事業として考えると、実は保守管理を欠かすわけにはいきません。

グッドライフが保守管理に力を入れているには理由があります。

  1. 1. 不具合の早期発見

    メンテナンスフリーといわれる商品でも、残念ながら、電子機器である以上は不具合は発生します。具体的には、パワーコンディショナー(パワコン)と言われる太陽光から発電された電気を変換する装置の異常や、パネルの出力低下などがあげられます。

    グッドライフでは、発電施設の定期的な検査を実施することで、パワコンの異常とパネルの出力低下を早期に発見し、発電ロスを極力少なくできるようお手伝いをしています。

    特にパネルの出力低下は、メーカー保証が付いているものの、不具合のあるパネルをお客様自身が特定することが非常に難しいばかりか、どの程度までの出力低下なら許容範囲なのかを売電金額との関係から判断することも大変難しい判断になります。

    お客様の太陽光発電設備を、グットライフの専門チームが保守管理を代行することで、太陽光発電事業を安心して継続・展開することが可能になります。

  2. 2. 施設維持に欠かせない面倒な作業を代行

    産業用太陽光発電では、大きな土地や屋根が使われる為、その場所の管理も大変なものになってしまいます。

    例えば、「草刈り」や「パネルの拭き掃除」など、施設周辺の管理が必要になります。

    導入前に草刈りのことまで考える方はあまり多くありませんが、草が伸びる事により、パネルに影が掛り発電量が落ちてしまうため、施設内の草刈りはどうしても必要になります。また、場所によっては、周辺の方から草刈りをしろと苦情が入るケースもあります。

    また、パネルの拭き掃除を行うか否かで、発電量に違いが出てきます。雨で汚れが流されるのでパネルはメンテフリーだと言われることもありますが、実際には、パネル表面の汚れは確かに流れても、パネルの縁にたまった汚れはなかなか流れず、 この汚れがたまって発電量に影響が出ることがあります。

    これらの維持管理をお客様自身で定期的に行うことは、大規模施設であるために大変な労力が掛ってしまいますが、当社が代行することで、お客様の発電量をベストな状態に維持することができます。

  3. 3. 自然災害によるリスクへの対処

    人間やシステムにて管理出来ない自然災害につきましては損害保険にてリスクを回避させていただいております。

    損害保険会社出身のスタッフ(損害保険募集人有資格者)が、リスクとリスクの予防方法について、わかりやすくご提示させていただきます。

    また、グッドライフでは、グループ内に損害保険代理店を併設している為、事故の際当社グループ会社にご連絡していただければ、ワンストップで迅速に対応させていただきます。

お問い合わせ 0266-78-6018

株式会社グッドライフ
〒394-0083
長野県岡谷市長地柴宮2丁目-12-6
第二小口ビル201

  • 0266-78-6018
Facebookでも情報をお届けしています。
Home 保守管理代行