長野県の太陽光発電(産業・事業用)専門のグッドライフ

農地転用太陽光発電

新しい農地の活用農地転用型・太陽光発電

耕作放棄地を、太陽光発電の場へ

農業従事者の高齢化により、長野県内でも多くの農地が遊休地になってきています。これまでは、他の方に農地として貸したり、宅地として整備・転売するケースが多かったのですが、遊休農地に太陽光パネルを設置するという新しい発想で、これまでにない遊休地活用ができる時代になりました。

これまでは眠っているしかなかった耕作放棄地(遊休農地)が、太陽光発電の場へと変わることで、農家収入を底上げすることも可能になります。

農地法と農地転用

ご存じの通り、現在の日本では農地を守るための農地法が存在し、第1種農地の転用は原則禁止になっています。しかし、第2種、第3種農地の耕作放棄地は太陽光発電施設に活用することができます。

農地転用にあたり、農地法第4条の許可が必要になってきます。この許可を得るためには、管轄の市町村へ申請をした後に都道府県で審議会が行われ、都道府県知事許可という流れになります。

グッドライフのワンストップ・サービス

グッドライフは、長野県初となる農地転用による太陽光発電施設の設置をさせていただいた他、数多くの農地転用型太陽光発電施設の実績を持っています。

多くの方にご支持いただているのが、グッドライフならではのワンストップ・サービス。農地に関する調査から施工、運用管理までを当社がお手伝いいたします。

  1. 1. 農地に関する調査

    まずは、農地が転用可能かどうか、調査いたします。
    グッドライフでは、この調査までを無料で行い、ご契約頂いたお客様へは各所への届出や許可申請を代行して行います。

  2. 2. 太陽光発電施設の設置

    農地の状況に合わせて、太陽光パネルや基礎・土台の選定をさせていただきます。基礎や架台は、どれを選ぶかによって、事業終了後の土地再利用方法も変わってきます。

    設置の進め方については、事業用太陽光発電をご覧ください。

    事業用太陽光発電

  3. 3. 設置後のメンテナンスも万全

    太陽光発電施設を設置すれば終わりなのではなく、グッドライフがお客様の発電事業をサポートいたします。

    耕作放棄地の場合、多くの方が草刈りに苦慮されていますが、グッドライフでは、太陽光発電施設の保守管理だけでなく、土地の草刈までもお手伝いいたします。

    農地転用による太陽光発電施設の設置は、「遊休地の有効活用」「農家収入の底上げ」「草刈りからの開放」など、お客様に多くのメリットがございます。

    詳しくは、保守管理代行をご覧ください。

    グッドライフによる保守管理

長野県内初の農地転用太陽光発電所

長野県茅野市Y様
農地を活用し、20.16kw を発電

農業に従事されてきた方がご高齢のために農地が遊休地になっていました。
その場所を農地転用を行いて、太陽光発電施設を設置いたしました。

太陽光発電を行う前は、土地に関するお悩みはもちろん、耕作していないとはいえ草刈りはしなくてはいけない…というお悩みをお持ちでしたが、太陽光施設設置後には、当社が管理代行することで、土地の有効活用と草刈りの両方の悩みが解消されました。

 

24時間テレビの番組内で、農地転用による太陽光発電施設についてご紹介いただきました。遊休農地を利用した太陽光発電のメリットなど紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください。

お問い合わせ 0266-78-6018

株式会社グッドライフ
〒394-0083
長野県岡谷市長地柴宮2丁目-12-6
第二小口ビル201

  • 0266-78-6018
Facebookでも情報をお届けしています。
Home 太陽光発電の導入 太陽光発電の導入 農地転用 太陽光発電