信州の屋根ソーラー普及事業」の認定事業者とは?「2050ゼロカーボン」も詳しく解説

「信州の屋根ソーラー普及事業」認定事業者

長野県では太陽光発電システムの導入を促進することを目標として、「信州の屋根ソーラー普及事業」を実施しています。

本事業では「すべての屋根に太陽光を」を合言葉に、お店で相談しながらニーズにマッチした製品を選択・導入できる「個人選択型」と、特定の製品を多くのユーザーが選択することで安価に購入できることを目指す「グループパワーチョイス(共同購入)」という2つの選択肢を用意しています。

しかし、どのような購入方法であったとしても、太陽光発電システムの導入にあたっては多くの方が不安を感じるものです。

そこで、誰もが安心して太陽光発電システムの相談・購入ができるよう、長野県では認定事業者制度を運用し県民に広く公開しています。

事業者が県からの認定を受ける際には、以下の要件を満たしていることが条件となります。


・太陽光発電システムの販売又は施工を行う事業者で以下の要件を満たす者

 (1)県内に本店を置くこと

 (2)次のいずれかに該当すること

 ア 県内において太陽光発電システムの販売又は施工に関する契約実績を有すること

 イ 契約を有しない場合、契約実績を有する認定事業者2者以上から推薦を受けること

 (3)法令を遵守し、販売する製品に関する説明並びに施工及び保守管理を適切に行うこと 等

出典:https://www.pref.nagano.lg.jp/zerocarbon/yanesolar.html


なお、2022年9月22日現在、長野県内240社以上の事業者が認定されており、Webサイトで公開されています。

ほとんどの事業者は太陽光発電システムの販売および施工の両方に対応していますが、なかには販売のみ、施工のみに対応している事業者も存在します。

また、長野県全域に対応している認定事業者もあれば、北信地域や松本、北アルプス、諏訪など、特定の地域に限定して展開している事業者もあるため、事前に確認しておきましょう。

出典:
https://www.pref.nagano.lg.jp/zerocarbon/documents/0921.pdf


「2050ゼロカーボン」について

そもそも長野県が「信州の屋根ソーラー普及事業」を開始した背景には、政府が「2050ゼロカーボン」の実現を打ち出したことが挙げられます。

2050ゼロカーボンとは、その名の通り2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするための取り組みを指します。

自動車や工場、発電所などから排出される温室効果ガスの量そのものをゼロにするのではなく、森林などから吸収される温室効果ガスと排出量との差分をゼロにすることが”ゼロカーボン”の意味です。

環境問題への意識向上などによって温室効果ガスの排出量は年々減少傾向にありますが、それでも吸収量を大きく上回っているのが現状です。

そのため、まずは温室効果ガスの排出を極限まで低下させることが重要であり、再生可能エネルギーへの転換はそのための大きな一歩となります。

長野県が取り組む「信州の屋根ソーラー普及事業」は、「2050ゼロカーボン」の実現に向けて重要な施策のひとつと位置づけられるのです。

「グッドライフは地域密着に特化した事業用太陽光発電事業のエキスパート」

株式会社グッドライフは長野県の太陽光発電事業者です。

住宅用太陽光発電事業でも、長野県の「信州の屋根ソーラー普及事業」にも認定されていることに加え長野県初となる農地転用による太陽光発電施設の設置を実現し、長野県内では随一の導入実績を誇ります。

また、太陽光発電施設の保署管理やメンテナンス代行まで行える幅広い太陽光発電の専門業社として、調査から太陽光発電の設置、保守管理まで一貫したトータルサポートの強みがあります。

長野県内の太陽光発電事業者を探しているのであれば、グッドライフを検討してみてはいかかでしょうか。